ADR (Alternative Dispute Resolution)とは、「裁判外紛争解決制度」のことで、裁判手続きによらずに紛争を解決する手法を指します。

通常は、弁護士以外が報酬を得て法的なトラブルに介入することは認められておらず、業務上のお客様からの相談や 現場調査などを受けた場合でも、トラブルの内容自体に関わることは弁護士法違反となります。

弊社では、一般社団法人日本不動産仲裁機構(法務大臣認証裁判外紛争解決機関)のADR調停人資格を取得しています。

この資格により、従来は弁護士にしかできなかった競売トラブルに関して、弊社が正式な調停人として介入し、紛争解決に向けて対応することが可能となりました。

不動産ADR調停人の詳細は「一般社団法人日本不動産仲裁機構」をご覧ください。