不動産の買取とは、皆様の所有する不動産を不動産会社に直接売却する方法です。すぐに不動産を現金化したい方にお勧めです。

不動産仲介との違いは、仲介は、お客様が不動産を所有したまま不動産業者が広告などをして購入者を募り、売却する方法です。一方の買取では、業者に買い取ってもらった時点で固定資産税や家屋の維持費・管理費などは一切かからないことになります。

買取の特徴

  • 仲介手数料がかからない
  • ☑ 現金化しやすい
    お客様と業者で買取金額が決まれば、すぐに契約を行い、スムーズに売却をすることができます。
  • 維持・管理費がかからない
    不動産を所有していると固定資産税がかかります。また、売却が決まるまでの空き家・空き地の維持・管理する費用がなくなります。
  • 不動産仲介よりは売却価格が安くなる
    不動産のリフォーム費用や、売却までの固定資産税、維持管理費は買取業者が負担することになるため、仲介よりも売却額は安くなる傾向にあります。

こんな方は買取がお勧め

  • すぐに現金化したい
  • 不動産の維持・管理に手間がかかる
  • 住み替えで不動産を確実に売却したい
  • 転勤・転居などで不動産が不要になった

こんな方は仲介がお勧め

  • 売却時期は急いでいない
  • 少しでも高く売却したい

土地の分譲など、不動産を不特定多数に反復継続して売却する場合は、不動産の免許が必要になります。その際は、弊社に不動産の一括買取をご依頼いただく必要があります。

また、買取も仲介も、抵当権などが設定されていた場合は、その抹消ができなければ売却することができません。その場合は、弊社が金融機関との交渉を代行しますのでご安心ください。

買取の対象は土地・戸建てはもちろん、マンションやアパート、店舗や工場でも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。